[PR] タレントが教える!30日で10歳若返る芸能美容術

Dr.コトー診療所2006 第1話 【フジテレビのドラマ@情報室】

■あらすじ 第1話  ※オフィシャルサイトより
2006年2月・・・南海の孤島、志木那島。
コトーこと五島健助(吉岡秀隆)が、いつものように往診のため自転車を走らせていると、原剛洋(富岡涼)が、東京の私立中学に合格したとの報せ。安藤重雄(泉谷しげる)たちは、西山茉莉子(大塚寧々)の店に集まって、我が事のように喜び合う。

一方、島を離れて働く剛洋の父、剛利(時任三郎)は息子のがんばりを誇らしく思いながらも、学費の問題が重くのしかかっていた。

その頃、星野彩佳(柴咲コウ)も東京にいた。“春からリハビリの学校に通うため”ということになっているが、実は大学病院で診察を受けるための上京。彩佳は、父の正一(小林薫)にもコトーにも上京の真実を隠していた。

彩佳が島に帰るフェリーに乗る。すると酔客に絡まれた女性、仲依ミナ(蒼井優)を見かねて仲裁に入った志木那島村長、中村三郎(坂本長利)が、はずみで転倒する場面に居合わせた。彩佳は、島のコトーと連絡を取って村長の応急治療を行う。船が島に到着すると、村長の手術のため一同が慌ただしく準備をする中、ミナが手伝うと言って着いて来た。ミナは、彩佳の後任看護師だったのだ。だが、ミナの手際は悪く、何かと和田一範(筧利夫)がフォローしなくてはならない。彩佳の目には、ミナの態度が無責任に映る。そんな時、コトーに、東京で彩佳の診察を行った鳴海慧医師(堺雅人)から電話が入る。鳴海から、唐突に彩佳の病名を聞かされたコトーは言葉を失って...


いよいよ、『Dr.コトー診療所2006』始まりましたね。
といっても実はこのシリーズ、今回から初めて見るんです(^^ゞ。

でも変に先入観なく見れるので、真っ直ぐドラマに向き合えていいかも(^^;)。

南海の孤島を舞台に、たった一人の医師Dr.コトーがひた向きに生きる姿。彼に関わる島人たちとの交流、そしてそれぞれが背負う人生

真摯で骨太な本格ドラマ!」という印象を受けました。

映像もいいですね。緑と澄み渡る海に囲まれた島の情景が素朴で美しい。

お話のほうも、今後どうなっていくのか!?。ワクワクしますね。

初回から嵌まりました!
次回(第2話)10月19日(木)夜10時から。じっくり腰を据えて見なきゃ。

応援よろしくお願いします⇒人気blogランキング






この記事へのトラックバック

Dr.コトー診療所2006
Excerpt: コトー先生が帰って来ました! (*´▽`人) と、いうことで「Dr.コトー診療所
Weblog: 裏 TV RANKING SHOW
Tracked: 2006-10-14 08:31

Dr.コトー診療所2006第1話
Excerpt: リンク: テレビブログ(関東版): Dr.コトー診療所2006. フジテレビ 2
Weblog: TV番組時評
Tracked: 2006-10-17 13:13

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。