[PR] タレントが教える!30日で10歳若返る芸能美容術

のだめカンタービレ Lesson2 【フジテレビのドラマ@情報室】

■あらすじ 第2話  ※オフィシャルサイトより
桃ヶ丘音大ピアノ科の“のだめ”こと野田恵(上野樹里)は、特別講師として同大に招かれた世界的な指揮者・シュトレーゼマン(竹中直人)が自ら選出した学生たちで編成される特別オーケストラのマスコットガールに選ばれる。Sオケと呼ばれるそのオーケストラには、ヴァイオリン科の龍太郎(瑛太)や管弦学科でティンパニを担当する真澄(小出恵介)、コントラバス担当の桜(サエコ)も選ばれていた。が、ウィーン留学から帰ってきた清良(水川あさみ)を始めとする成績優秀な学生たちで編成されたAオケのメンバーでもある真澄以外は、いわゆる落ちこぼればかりだった。

一方、ピアノ科の千秋真一(玉木宏)は、指揮科への転科を決意していた。指揮者になることを夢見ながら、飛行機恐怖症が原因で海外留学もままならない状態だった千秋は、この機会にシュトレーゼマンの下で本格的に指揮の勉強をしようと思ったのだ。しかし、それを知ったシュトレーゼマンは、千秋のことが嫌いだから転科は認めない、と言い放つと、Sオケのメンバーを引き連れて飲み会に行ってしまう。

飲み会に参加しなかった龍太郎は、バンド仲間と学園祭に向けての練習をしていた。龍太郎は、来週、ヴァイオリンの再試験を受けることになっていた。その試験に合格しなければ留年、という状況だったが、ピアノの伴奏を頼んだ千秋にこっぴどくけなされたばかりの龍太郎は、クラッシックの道を捨ててロック一本で生きていく、などとうそぶいていた。
そんな折、偶然のだめと知り合った龍太郎は、彼女に試験の伴奏を頼む。さっそく、レッスン室でベートーヴェンの『ヴァイオリンソナタ第5番<春>』を合わせる龍太郎とのだめ。その演奏は、間違えたところまでピッタリ同じ、という完璧に息の合ったものだった。

練習を終えたのだめは、龍太郎の父・龍見(伊武雅刀)が経営する中華料理店『裏軒』で食事をご馳走になる。のだめは、千秋のために裏軒の料理を持ち帰った。が、そこで彼女は、彩子(上原美佐)が千秋の部屋に入っていくのを目撃してしまう。
失恋のショックに落ち込むのだめに追い討ちをかけるように、何者かが彼女に対して嫌がらせを始めた。その相手は、のだめに対して不幸の手紙を送るなど、たびたび幼稚ないやがらせを続けた。

怒ったのだめは、龍太郎とともに犯人探しを開始。ほどなく、嫌がらせをしていたのは真澄であることが判明する。千秋に対して憧れ以上の感情を抱きながら、遠くから見つめることしか出来なかった真澄は、なれなれしく千秋に近づくのだめのことが許せなかったらしい。のだめたちに捕まって開き直った真澄は、のだめに勝負を申し込んだ。それは、先に千秋とデートした方が勝ち、という勝負だった。


先週から始まった月9・新ドラマのだめカンタービレ』。 Lesson2‥面白かったですね。

指揮者を目指す不遇の天才千秋(玉木宏)の前に、最強・変態・奇才いや鬼才(?)トリオが集結!。のだめ(上野樹里)、峰龍太郎(瑛太)、真澄(小出恵介)。

うんうん、いいぞいいぞ...やはりこの強烈キャラたちによる奇想天外な展開が始まってこそ、『のだめカンタービレ』の本領発揮なのだ。

初回は、出演者も緊張や不慣れもあったんでしょうか(?)。少し硬くなっている印象を受けたんですが...2回目ではもう出演者もドラマの性質をよく理解して、うまく対応しているように感じました。

上野樹里ちゃんも本来の奔放さが存分に発揮されてると思います。食い物の恨みとなると「豹変する」シーンが特に良かった(笑)。※それにしてもコケたり飛んだり、ありゃ大変だわ(>_<)。

さて今回注目のメイン曲は、千秋(ピアノ伴奏)と龍太郎(ヴァイオリン)による、『ヴァイオリンソナタ第5番 <春>』。...ベートーヴェンが耳の病気に悩まされながらも、女をとっかえ引っかえ遊んでた頃に作られたと思われる、幸せそーな曲...だそうです(原作コミック 第1巻より)。

お花畑の映像と演奏、ほんと幸福感が伝わってきました♪。

(個人的に密かに注目している)龍太郎のお父さん(伊武雅刀)もほんのワンシーンでしたが、存在をしっかりアピールしてましたね(^^)。

面白さに火がついてきた『のだめカンタービレ』。次回(Lesson3)10月30日(月)夜9時からです。

他にもテレビ・ドラマ情報が満載⇒人気blogランキング


・ベートーヴェン『ヴァイオリンソナタ第5番 <春>』(Wikipedia)
のだめオーケストラコンサート情報 → チケットぴあ
のだめカンタービレ 劇中使用グッズ



この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26043060

この記事へのトラックバック

CX のだめカンタービレ(2話)
Excerpt:  1話では過去記事最多の50以上のTBを頂きありがとうございました。さて、今日の第2話はパーカッションの奥山真澄(小出恵介)とのだめ(上野樹里)の対決、そして バイオリンの峰龍太郎(瑛太)の話。 ..
Weblog: C-bose TV Laboratory
Tracked: 2006-10-24 09:54

のだめカフェに行きました(のだめカンタービレ#2)
Excerpt: 先週のレビュー(ココ)で紹介した、原宿「b6」地下1Fの「TRIBECA」内にある「cafe de のだめ(カフェ・ド・のだめ)」へ行ってきた。見よこれがとぐろを巻いた黒いクリームシチューだぁってちょ..
Weblog: |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο
Tracked: 2006-10-25 00:28

のだめカンタービレLesson2「落ちこぼれ変態オケ!波乱のスター...
Excerpt: そういや、のだめちゃんは「のだめぐみ」ののだめな訳ですが、原作知ってるからスルーしたものの、これって先週のドラマに出てきましたっけ?覚えてません。のだめは野溜めちゃんだと思ってる人がいたら嫌だなあ。(..
Weblog: 読書とジャンプ
Tracked: 2006-10-25 07:34

のだめカンタービレ 第2話
Excerpt: アホばっかやん(笑) もちろんのだめ(上野樹里)を筆頭にですが・・・。 新たなるアホはティンパニーの真澄ちゃん(小出恵介)。 18歳の時に千秋(玉木宏)に優しくされたことがあり、それ以来..
Weblog: ドラマの話をしてみよう
Tracked: 2006-10-26 12:42

水樹奈々の詳細
Excerpt: 声優界きっての阪神タイガースファン 父親が硬式野球の審判の免許を持っており、本人は熱心な阪神タイガースのファンとして知られる。以下は、そんな彼女の阪神にまつわるエピソードである。
Weblog: 声優大辞典
Tracked: 2006-10-29 19:50

のだめカンタービレ 第2話
Excerpt: 「のだめカンタービレ」の第2話が放送されましたね。 このドラマはキャストの皆さん
Weblog: 裏 TV RANKING SHOW
Tracked: 2006-10-31 01:24

玉木宏 のだめ
Excerpt: 不思議なもので。 月9ドラマ 「のだめカンタービレ」 が原因です。 もうね...
Weblog: 玉木宏 ブログ
Tracked: 2006-11-15 10:53

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。