[PR] タレントが教える!30日で10歳若返る芸能美容術

役者魂! 第2話 【フジテレビのドラマ@情報室】

■あらすじ 第2話  ※オフィシャルサイトより
本能寺海造(藤田まこと)の子供だという福田桜子(川島海荷)、忠太(吉川史樹)を家に泊めた烏山瞳美(松たか子)は、翌朝、子供たちを連れて本能寺主演の「リチャード三世」が初日を迎える劇場にやってきた。すると、同舞台に出演する梓里奈(加藤ローサ)のマネージャー・斉藤和子(濱田マリ)から、本能寺が劇場に来ていないと告げられる。焦った瞳美は、プロダクションの社長・柳沢光春(香川照之)に電話をし、本能寺は好物の大福があれば言うことを聞くと教えられる。経理の相川護(森山未來)に大福を買って来るように頼むと、瞳美は本能寺の家へ。

本能寺は自宅で稽古をしていたが、役が演じきれず納得できないから劇場に行かないと言い出し、初日を延期するようにと瞳美に訴える。困った瞳美は、楽屋に大福を用意していると言う。それを聞くと、本能寺の態度は一変。劇場へ向かったのだ。
通し稽古が始まったが、客席に子供たちの姿を見つけた本能寺は、今度は、母親が子供たちを引き取るまで開幕しないと言い出しだし、楽屋へ閉じこもってしまう。大福で誘い、稽古は再開されたが、最初のセリフから納得できない本能寺は、同じセリフを繰り返すばかりで…。

フジテレビドラマ役者魂!』 第2話...ベテラン役者(藤田まこと)のわがままぶりと、マネージャー(松たか子)という仕事の大変さ、がよく伝わる内容でした。

それにしても、あの「粉のいっぱいかかった大福」、(若者風に)「食いてえ〜」。 今回の感想はこれに尽きますね(笑)。

それと、藤田まことさんの演技なんですが、ところどころで(関西系の方ならおわかりかと思いますが)吉本新喜劇の池乃めだかの芝居ネタ(「もういい..、いつからだ言ってみろ!...」の洋画吹替調の台詞)とオーバーラップするんですよ。一回連想してしまうと、これがツボにはまって可笑しいんですよね。

あ、ゴメンなさい。笑いの要素は、もっとドラマのお話の中にもいくつも散りばめられております。

瞳(松たか子)の空想癖に影響を受けたのかもしれません(^^ゞ。

ところであのオカマのアントーニオ役の人、気になります。後で調べてみよっと。

役者魂!』は、ちょっと玄人好みのドラマ(かな?)。次回(第3話)10月31日(火)夜9時から。
他にもテレビ・ドラマ情報が満載⇒人気blogランキング


役者魂!チャート(人物相関図)



この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26109015

この記事へのトラックバック

役者魂 第2話
Excerpt: 「役者魂」の第2話が放送されましたね。初回を観た感想で「落ち着いた感じのドラマ」
Weblog: 裏 TV RANKING SHOW
Tracked: 2006-10-25 18:18


Excerpt: めだか (テレビドラマ)}『めだか』は、2004年10月5日〜2004年12月14日にフジテレビ系列で火曜日21:00-21:54に放送されたテレビドラマである。全11回。平均視聴率9.5%。OLから..
Weblog: あのドラマに夢中!
Tracked: 2007-07-30 14:24
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。