[PR] タレントが教える!30日で10歳若返る芸能美容術

僕の歩く道 物語#06 【フジテレビのドラマ@情報室】

■あらすじ 物語#06  ※オフィシャルサイトより
輝明(草なぎ剛)は一人で飼育日誌が書けるほどになり、三浦(田中圭)のケアも積極的だ。一方、古賀(小日向文世)は自分にも自閉症の息子がいることを都古(香里奈)に初めて打ち明けた。家では里江(長山藍子)が輝明に、都古が動物園に来なくなることを教えていたが、理解しているかどうか心配が残る。それでも、都古の退職後も輝明は覚えた仕事をちゃんとこなしていた。

お休みの日、輝明は都古の新居を訪ねた。突然のことに驚く都古と河原(葛山信吾)。迎え入れられた輝明は、初めての部屋にくつろぐことができず、都古が河原の動物病院を手伝っていることや結婚について理解できない様子だ。都古は「結婚っていうのは、ずっと一緒に仲良くしようって約束することなの」と、輝明に説明する。

都古の新居から帰ってきた時から、輝明の様子が変化した。食事中に何度も席を立って洗面所でうがいをしたり、都古への葉書が一日二通に増えたり、こだわりが強くなったのだ。気づいて心配する秀治(佐々木蔵之介)とりな(本仮屋ユイカ)。さらに輝明は、玄関の前で行ったり来たりを繰り返し、動物園に遅刻する。誰も気にとめない中で、古賀だけが時間に正確な輝明の変化に気づいていた。

そしてある日、動物園で仕事中、輝明の姿が見えなくなった…。


フジテレビドラマ僕の歩く道 物語#06。ドラマももう前半戦折り返し地点ですね。

前回のお話で、物語は急展開をみせ、都古ちゃん(香里奈)が結婚しました。ず〜っといつもそばに居て支えてくれた都古ちゃんが、輝明(剛ぽん)から離れてしまいます。

これがまた自閉症患者にとってどういう影響を及ぼすか。パターン化されていた生活がくずれることによる、ストレス、混乱・・・帰宅後いつも一回のうがいを何回も繰り返してみたり、都古ちゃんに出す一日一枚の手紙を二枚出してみたり...。

輝明は輝明なりに、この新たな事態に必死に適応しようとしてるんですね。都古への手紙で「(最初略)...都古ちゃんは河原さんと約束しました。もう行きません」 そしてもう一枚も「(最初略)...チキンカレーを食べました。都古ちゃんのところには、もう行きません」と書きます。

約束を守ることと、パターンがくずれること、との板ばさみに混乱・葛藤する輝明。そして初めて動物園に遅刻。その変化を一人察知する古賀(小日向文世)。

古賀さんの事情、やっと謎が明かされましたね。今までのお話の中で薄々ほのめかされてましたが、自分の息子もやはり自閉症だったんです。

自閉症の息子と向き合おうとしなかった古賀は、7年前に離婚。息子には、お父さん(古賀)はもう死んだことにされていた。

輝明のお父さんも数年前に亡くなっています。でも輝明には「死の概念」がよく理解できないんですね。

ある日動物園からいなくなった輝明を(都古に聞いて)探し出した古賀は、輝明の姿と自分の息子を重ね合わせます。輝明(自分の息子&自閉症)と初めて向き合います。

「こんなところで油を売ってちゃいけません」とユーモラスな会話の後、「(お父さんは)いつ戻ってくるのかあ」とつぶやく輝明。...古賀さんは声を上げて号泣します。

もう憎らしいほどのシナリオの素晴らしさ! 私も泣いてしまいました。小日向さんも、今までのクールな押さえたキャラから一気に堰を切ったように感情を噴出しました。観てる側にもすっごく伝わってきましたよ(T_T)。

今回はとても内容の濃いお話で、「自閉症(もしくは障害者全般)と家族」が重要なテーマになってたように思います。輝明のお母さん(長山藍子)がもしいなくなったら?。妹(本仮屋ユイカ)は妹で自分の人生を歩んでいっていいのか?。といった「障害者を持つ家族のあり方」についての問題提起もありました。

それと、障害者とか健常者とか関係なく、人と人とが「いかに向き合うか」。都古ちゃんと輝明の関係を通して、今回そのことの大切さを痛切に感じました。

今後、自閉症(・障害者全般)と家族・周囲の人たちとのあり方を、どういう形でドラマに描き、視聴者にどんな問題意識を提示してくれるのでしょうか。とても楽しみです。

物語#0711月21日(火)夜10時から。『僕の歩く道』 はもう絶対に見逃せませんね。

他にもテレビ・ドラマ情報が満載⇒人気blogランキング


フジテレビ 僕の歩く道 オフィシャルサイト
僕の歩く道 都古ちゃんへの手紙



この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27498870

この記事へのトラックバック

【僕の歩く道】(第6話)失踪!悲しき夕焼け
Excerpt:  泣けました。古賀(小日向文世さん)、やっぱ、やってくれる人だと思っていました。
Weblog: 気になる名セリフ・名シーン 勝手に喜怒哀楽
Tracked: 2006-11-18 22:20

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。