[PR] タレントが教える!30日で10歳若返る芸能美容術

役者魂! 第6話 【フジテレビのドラマ@情報室】

■あらすじ 第6話  ※オフィシャルサイトより
最後に「リア王」の舞台をやって、役者人生に幕を引きたい――。本能寺海造(藤田まこと)の決意を知った烏山瞳美(松たか子)は、本能寺に来ていたCM出演のオファーを断わることに。役作りも不要で、生活費の足しにもなるからと、社長・柳沢光春(香川照之)や経理・相川護(森山未來)は出演をすすめるが、瞳美は譲らない。
見栄は張ったものの、福田桜子(川島海荷)、福田忠太(吉川史樹)のふたりの面倒を見るのは、瞳美の給料では限界だった。瞳美は、本能寺や子供たちには内緒でアルバイトをすることに。
時給の高さにひかれ、キャバクラ嬢の面接を受けると、即採用に。早速、接客をはじめると、別のテーブルから指名が入る。柳沢と梓里奈(加藤ローサ)の父親で、東都デパート社長・梓幸一郎(白井晃)のテーブルだった。見つからないように床を這いながら、逃げる瞳美だが、店長に見つかり、クビになってしまう。
後日。瞳美は、桜子から、翌日に学校で親子面接があること、忠太が熱っぽいことを聞かされる。微熱があり、咳き込む忠太。瞳美は側にいてやりたいが、忠太を寝かしつけると、新しいアルバイトへ出かける。翌朝、瞳美は学校へ。担任教師・森(古田敦也)から、桜子は成績優秀で、私立中学も狙えると言われるが、費用が気になる桜子は、公立でいいと言う。その日の夜。護と桜子は、寝ている忠太の側で瞳美の帰りを待っていた。瞳美は夜も仕事だからと言う桜子に、今晩は仕事の予定はないはずだと護。桜子は、瞳美への不信を募らせる。

フジテレビドラマ 役者魂! 第6話(11月21日放映)。

本能寺海造(藤田まこと)に役者人生最後の花道を飾らせてあげたい。しかし本能寺の子どもたち(川島海荷、吉川史樹)も養わなければいけない。瞳美(松たか子)はこの重い現実を一身に背負って、夜のアルバイトを始めるが...。

天涯孤独の身の上だった瞳美が、本能寺と出会い、ひょんなことからその子供たち(一人は厳密には違うが)の面倒も見ることになる。「一人で、なるようになるさ」で生きてきた瞳美にだんだん変化が生じてきます。

人間は結局、「一人で生まれてきて、一人で死ぬ」んだけど、その生きる途上で「一人では生きていけない」んですね。一人でいろんなもの背負って頑張っても、限界がある。

そうしたときに支えになってくれるのが家族であり、気心の知れた仲間であったりします。今まで家族もいなくて、人に甘える術(すべ)を知らなかった瞳美が、初めて涙を流して泣きます。

本来同じ星に住む、運命共同体である人間なのに、その関係がどんどん希薄になっていく現在。まずます「家族」を中心にした「人間の絆」が大切になってきてるように思います。

おっと、そんな深刻な重いドラマじゃないんだけどね。今宵の筆(キーボード)はちょっと理屈っぽくて感傷的になってるかもしれない(^^;)。

でも今回のお話は良かったよ!。前回のお話でも書いたけど、やはりストレートに描いてもらうと、観る側に伝わりやすいのだ(私のようなアホ人間には。ぽりぽり;)。

注目の古田監督、ほんのスポット出演でしたね。すごく緊張してたのがわかった。優しさはにじみ出てたけど。やはり野球の世界で頑張ってください(笑)。

次回(第7話)は11月28日(火)夜9時から。後半戦、盛り上がりを期待しています。

他にもテレビ・ドラマ情報が満載⇒人気blogランキング


役者魂!オフィシャルサイト




この記事へのトラックバック

役者魂!第六回「古田先生と秘密のバイト涙雨」
Excerpt: まあ、なんだ。 子どもも大人も自分勝手ってことーで。
Weblog: TV雑記
Tracked: 2006-11-22 09:41

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。