[PR] タレントが教える!30日で10歳若返る芸能美容術

Dr.コトー診療所2006 第8話 【フジテレビのドラマ@情報室】

■あらすじ 第8話  ※オフィシャルサイトより
坂野ゆかり(桜井幸子)の抗癌剤治療が始まった。辛い治療に黙々と耐えるゆかりに、コトーこと五島健助(吉岡秀隆)は、しばらく自宅で療養することを勧めた。

自宅に戻ったゆかりは家事をこなし、星野昌代(朝加真由美)のリハビリに付き合うなど、束の間、普段の生活を取り戻す。幼い千賀(畠山彩奈)に絵本を読むゆかりの姿に、坂野孝(大森南朋)は涙をこらえる。何度目かの抗癌剤治療を終えたゆかりを仲依ミナ(蒼井優)が励ますが、コトーは末期癌という現実を前に複雑な気持ちでいた。

ところが、検査の結果、腫瘍マーカーの数値が、劇的に改善されていた。驚愕するコトーが、東京の彩佳(柴咲コウ)の主治医、鳴海慧(堺雅人)に意見を聞くと、一時的な小康状態だろうと言われる。

結果を聞いた坂野は、ゆかりが完治すると思い、判断を言いよどむコト―に苛立ちを隠さない。正一(小林薫)は彩佳の乳癌を知らず、他の島民同様にゆかりの病気に心を痛めていた。

Dr.コトー診療所2006 第8話前回(第7話)に引き続き、ガンで余命3ヶ月を宣告されゆかり(桜井幸子)さんのその後...

生き抜くことを決意したゆかりさんは、辛い抗がん剤治療に耐えながらも、希望を見失わず、残された時間を大切に過ごしていた。

一日一日が愛おしくてたまらないの」 「今が一番生きてるって気がするんです」

コトー(吉岡秀隆)のすすめで自宅療養を始めてから、病状はしだいに良くなり、腫瘍マーカーの数値も劇的に改善されていく。

その後も病状は回復の方向に向かう。末期がん患者としてはあり得ない、医学の常識では考えられない結果に、複雑な思いを抱くコトー。もしかして転移が消滅?・・・医師として苦渋の判断を迫られるDr.コトー・ ・ ・「手術を、行いましょう!」

結果、奇跡は起きた!。転移は消滅しており、腫瘍は切除された。悲しい結末にならずに済んだ(ほっ)。

よかった〜!。これドラマ的にはひとまずハッピーエンドなんですが、コトーは医師として、患者の「生きる力」に敬服の念を抱き涙を流します。

「ゆかりさんの、生きる力をどこかで信じていなかったんです。病気を治したのはゆかりさん自身です。ほんとに申し訳ありませんでした」

「先生がいてくれたからこそがんばれたのよ。生きることだけを考えなさいって...」

コトー先生は医者ですから、どうしても医学的知識・常識を判断の拠り所にする。当たり前ですね。しかし結局は「命を助けたい!それでええじゃないですか」と言った和田さん(筧利夫)の素朴な言葉が、最終的な医療行動を決断する原動力になります。

生命(いのち)って、まだまだ科学では及ばない神秘のゾーン(領域)なんですね。今回ゆかりさんが奇跡的に助かったのは、そりゃドラマだから、といってしまえば、まあそうなんですが...しかし現実に末期がんから生還された方はいらっしゃいます。現に癌細胞が消滅し完治した方の体験を、直に聴いたこともあります。その人たちに共通するのは例外なく「生きることをあきらめなかった」こと。

生命(いのち)の力は、現在の最先端医学をも超える、奇跡の治癒力を発揮することもあります。命を救う(おそろしくリスクの高い)選択を決断し、その奇跡の力に畏怖の念を抱いたかのように放心するDr.コトー。原さん(時任三郎)につぶやくんですね・・・「少し疲れました」。 「コトー先生、ゆっくり休んでくだせえ」って言いたくなりました{笑)

今回は、「生命(いのち)の重さ」そして、「生命(いのち)の奇跡の力・可能性」を見せられ感じさせられました。実に重みのあるお話でした。

次回(第9話)12月7日(木)夜10時から。ついにミナちゃん(蒼井優)の秘密が明かされます...。
他にもテレビ・ドラマ情報が満載⇒人気blogランキング


Dr.コトー診療所2006 オフィシャルサイト




この記事へのトラックバック

Dr.コトー診療所2006 第8話「幸福への決断」
Excerpt: 前回、癌が発覚したゆかりさん。
Weblog: TV雑記
Tracked: 2006-12-01 23:27

Dr.コトー診療所2006〜第8話・Dr.コトーの憂鬱!
Excerpt: Dr.コトー診療所2006、第8話ですが、前回に引き続き桜井幸子のゆかりさんの話です。ゆかりは、末期ガンでコトー(吉岡秀隆)からも余命宣告されており、抗がん剤で少しでも余命を延ばす治療を受けることにな..
Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記
Tracked: 2006-12-02 15:48

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。