[PR] タレントが教える!30日で10歳若返る芸能美容術

キムタク『HERO』が映画で復活! 【フジテレビのドラマ@情報室】

全話で視聴率30%を超えた、SMAPの木村拓哉(34)主演のフジテレビ系大ヒットドラマ「HERO」が映画化されることが6日、分かった。今回はキムタク扮する久利生(くりゅう)検事がかつてない強敵に挑む内容で、松たか子(29)をはじめとしたドラマ版でおなじみの面々も勢ぞろい。来年9月に公開が予定されているが、実写邦画興行収入歴代1位の「踊る大捜査線」に負けない国民的映画となりそうだ。

あの久利生検事が映画になって帰ってくる。

HERO」は平成13年冬に連続ドラマとして放送された。中卒で元不良の型破りな検事が、独特の視点と洞察力で真実を追う姿を描いた作品。物語の面白さに加え、その強烈なキャラクターが絶大な人気を呼び、フジの連ドラ史上歴代1位となる平均視聴率34.3%の爆発的ヒットを記録した。今年7月には特別編として単発ドラマで5年ぶりに復活し、平均30.9%の高視聴率を獲得したばかりだ。

これだけの作品だけに、同局の亀山千広映画事業局長は3、4年前から映画化を考えていたというが、特別編の成績で作品の力を改めて認識して、最終決断。現在は台本を作成中で、来年3月にクランクインする予定という。

映画は、古巣の東京地検城西支部に戻ってきた久利生検事が、能力、才能に恵まれ、権力も持つシリーズ最強の敵と対決する内容。相手役には大物ゲストをキャスティング中で、久利生もテレビ版で見せたことのない苦戦を強いられそうだ。

特別編は山口県が舞台でキムタク以外のレギュラーメンバーの登場が少なかったが、今回は松をはじめ、大塚寧々(38)、阿部寛(42)、勝村政信(43)らドラマでおなじみの面々の出演を予定。スケール感ある映像にもこだわるようで、海外ロケも視野に入れている。

HERO」の久利生検事といえば、あの「踊る大捜査線」の青島刑事(織田裕二)のように、役と俳優が1つになった存在感の強いキャラクターが売り物。ドラマが大ヒットしているだけに、映画の方も「踊る−」を超える可能性を秘めた作品となりそうだ。

−2006年12月7日 サンケイスポーツより−


キムタクドラマは大体見てきてますが、この『HERO』はダントツに面白かったですね。

キムタク演じる久利生(くりゅう)検事のキャラは、『踊る大捜査線』の青島刑事(織田裕二)がモデルになってるとか。確かにキャラ的に被(かぶ)るところはあるけれども、やはりSMAP・木村拓哉の人気は強いでしょう。

ただ『HERO』は、『踊る大捜査線』のように定期的にスペシャルを放映して、地道にファンを獲得していった、という経緯がないんですね。連ドラ後、特別編が一回だけでしょ。キャラに対する馴染み・親しみ、という点では『踊る〜』に比べると浸透力が弱いかも。

でも『HERO』の登場人物も、それぞれに一癖あって面白いのよね。久利生の検事らしからぬ風貌といい、「通販グッズオタク」というのが最高に面白い。

「パパでちゅよ〜」の阿部寛(笑)。この人が『HERO』では脇役だもんね。

ユニークな中でも極めつけなのが、寿司でも納豆でも何でも「あるよ」、の不思議なバーのバーテンダー(田中要次)。殆ど台詞がないのに、このバーの設定とバーテンダーの存在感が、ドラマをより独特な味わいに仕立てあげてますよね。

それと興味深いのが音楽。服部隆之さんの音楽は絶対「映画向き」だと思います。エンニオ・モリコーネの影響かなり受けてる(はず)。『踊る〜』の松本晃彦さんの音楽と、いい意味で張り合ってほしい。個人的には服部隆之さんの音楽が好き♪です。

キャストとドラマの知名度だけで、もうヒットが約束されてるよなもの。あとはシナリオしだいでしょう。シナリオがよければ興行収入を塗り替えるのは間違いないと思います。

映画では、最強の敵との対決が設定されるとのこと。ん〜この人選も大きいですね。渡哲也さんはどうかな。キムタクとCMで共演してますよね。あとタケちゃん(ビートたけし )とか面白いかも。真田広之、渡辺謙さんなど、今や国際俳優の方たちとの共演(競演)もいいですね。いずれにしてもキムタクに対抗するヒール役、となると、ビッグネームによる「怪演」を期待したいところです。

あれこれ想像するだけでも楽しくなってきますね。来年(2007年)は、『武士の一分』、『華麗なる一族』 〜 映画『HERO』と、芸能界はキムタクの話題で賑わうことになるでしょう。

実力のないイケメンは嫌い(笑)。実力と魅力を備えた「本物」が私は好きです。

フジテレビドラマ 『HERO』(Wikipedia)
TVドラマ『HERO』⇒ DVDレンタルでも借りれます 無料お試しキャンペーン実施中!




この記事へのトラックバック

「武士の一分 (いちぶん) 」 (2)
Excerpt:   ( http://blogs.yahoo.co.jp/geg07531/42544883.html からの続き)  主演の木村拓哉は、テレビとは全く違う 名演でした。  貧しい家に住..
Weblog: 「境界に生きた心子」
Tracked: 2006-12-09 15:34

木村拓哉×イームズラウンジチェアー
Excerpt: 木村拓哉×イームズラウンジチェアー SMAPってスゴいよな〜。ひとりひとりが主役はれるもんな〜。 キムタクってスゴいよな〜。何しても絵になるし、何でもできるもんなぁ〜。 なんかキムタクの..
Weblog: 好きなことを、好きなだけ
Tracked: 2006-12-10 02:09

映画の日「武士の一分(いちぶん)」を見る!キムタクに感動!
Excerpt: 映画館で映画見たのいつ以来だろう?子供の映画は抜きにしてさ。 仕事ずっと忙しくて
Weblog: apple of the nariyuk's eye
Tracked: 2006-12-13 23:15

2007年邦画は「HERO」?
Excerpt: 一方昨年「ゲド戦記」(最終興収76.5億円)、「LIMIT OF LOVE 海
Weblog: 映画コンサルタント日記
Tracked: 2007-01-13 02:21

映画「HERO」がついにクランクイン
Excerpt: 映画「HERO」ついにクランクインしましたね♪ 2006年7月の特別編以来・・...
Weblog: 映画・テレビ情報の小箱
Tracked: 2007-04-09 21:43

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。