[PR] タレントが教える!30日で10歳若返る芸能美容術

僕の歩く道 物語#10 【フジテレビのドラマ@情報室】

■あらすじ 物語#10  ※オフィシャルサイトより
輝明(草なぎ剛)の胸で泣いた都古(香里奈)。河原(葛山信吾)の動物病院に仕事に行くという都古に、輝明は「約束だからね」と言い都古自身が言った結婚の約束を思い出させた。

ロードバイクで走る素晴らしさを輝明に語る亀田(浅野和之)。その夜、輝明はレースに出たいと家族にチラシを見せるが、里江(長山藍子)も秀治(佐々木蔵之介)も無理だと言って賛成しない。りな(本仮屋ユイカ)だけは、やってみないと分からないと言う。そんなりなに秀治は、一人暮らしをしたいと言い出した理由を聞き出そうとする。

一方、都古は河原の友人を招く準備をしていた。しかしその様子に元気がない。河原がワインを買いに出た間に、都古もスーパーへ出かけるが、河原が帰宅しても都古は戻ってこない。イライラと待つ河原が寝室を覗くと、クローゼットが開けっ放しになっていて、都古の結婚指輪が置かれていた…。

大竹家では、秀治の家族も一緒に夕飯を食べていると、輝明が静かに涙をこぼしていた。食欲もあるようだから大丈夫、とりなは言うが、里江は心配だ。翌日、里江は動物園での輝明の様子を聞きに行こうと出かけるが、わざわざ行くことないと言うりな。戻った里江が、特に何もなかったようだと告げると、りなは、「そんなの最初からわかってたじゃん!」と言って部屋を出て行った…。

フジテレビドラマ僕の歩く道 物語#10

今回は、以前から少しずつ問題提起されていた、自閉症(障害者全般)とその家族・周囲の人たちのあり方について、スポットが当てられました。

家族の中では常に輝明にばかり関心が集中して、蚊帳の外に置かれぎみになっていた兄・秀治(佐々木蔵之介)と妹・りな(本仮屋ユイカ)。

いつの世も、障害者に対する世間の目は、差別と偏見に満ちてるんですね。障害者当人はもちろんのこと、その家族だって大なり小なり巻き添えを蒙(こうむ)りながら生きていっている。一瞬一瞬の打撃(ダメージ)は微々たるものでも、それが積もり積もると、大きな負担となって鬱積します。

小学校のとき、輝明のせいでいじめられていた、とあらためて打ち明ける秀治。絶えず輝明の影で母(長山藍子)からじゅうぶん愛情を受けられなかった、りな。そんな二人が今までおさえてきた感情が、今回のお話(物語#10)で、堰を切ったようにどっとあふれ出ます。

「私もお母さんに甘えたかった!」りなちゃんの慟哭(どうこく)は、ずしりと心に響きました。本仮屋ユイカちゃんが見せた迫真の演技に涙しちゃいました(T_T)。

一方、河原との結婚生活がもはや破綻をきたしている状況で、都古(香里奈)は黙って家を出てしまいます。都古もまた少女期に母親からの愛情を受けず、人一倍愛情を欲している女性だった。家を出ても孤独は募る一方で、本当に安らげる(帰れる)家がない。母親のマンションの前で電話をかけますが、聞く耳も持ってくれませんでした。

結局、都古が向かったのは輝明のいる動物園。輝明のそばで、何日かぶりに安らかな眠りに落ちる...

都古ちゃんが本当に安らげるのは輝明と一緒にいる時だった。輝明をずっと支えてきた都古ちゃんもまた、輝明によって支えられていたのです。

ん〜、感動的なオチではあるんですが、ちょっとドラマティックすぎるような気が・・・(まあドラマなんだけどね ^^;)

今回輝明は、大きく変化しました。冒頭で涙を流したこと(都古ちゃんの涙に感化?)。都古ちゃんへの手紙で、「レースに出たい」と、始めて自分の願望が書かれていたこと。そしてお兄ちゃん(秀治)に「ありがとう」と感謝の言葉を口にしたこと。

(現実を舞台にした)ドラマは、フィクションであっても、嘘は描いてはいけない。この鉄則の範囲内だったのでしょうか、今回のシナリオは?。もちろん私の理解力が乏しいせいだと思いますが、ちょっと疑問が残る一話でありました。

次回(物語#11)はもう最終回、12月19日(火)夜10時から。まだまだ描き足りないぞ〜!終わってほしくないよ〜(T_T)。

他にもテレビ・ドラマ情報が満載⇒人気blogランキング


フジテレビ 僕の歩く道 オフィシャルサイト
僕の歩く道 都古ちゃんへの手紙




この記事へのトラックバック

ズーム!本仮屋ユイカ/本 仮屋 ユイカ
Excerpt: 本仮屋ユイカの素顔に迫るファンブログ!本 仮屋 ユイカ を独り占め!
Weblog: ズーム!本仮屋ユイカ/本 仮屋 ユイカ
Tracked: 2006-12-20 16:20

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。