[PR] タレントが教える!30日で10歳若返る芸能美容術

「拝啓、父上様」嵐・二宮和也主演、倉本聰脚本 木曜10時新ドラマ

“俳優”二宮和也、倉本氏が大絶賛−フジ系ドラマ「拝啓、父上様」

人気グループ、嵐の二宮和也(23)が主演する倉本聰氏(71)脚本のフジテレビ系「拝啓、父上様」(来年1月11日スタート、木曜後10・0)の制作発表が12日、都内のホテルで行われた。

東京・神楽坂を舞台にした人情コメディーで、二宮は老舗料亭「坂下」で板前修行に励む純朴で誠実な青年、一平に扮する。「テレビから街の匂いや、人間の匂いが出る作品。そちらを皆さんにお届けできたら。観たときに心地いい風が吹いてきます」と胸を張った。
二宮は、公開中の出演映画「硫黄島からの手紙」でクリント・イーストウッド監督(76)をうならせ、アカデミー賞候補の声もあがる熱演を披露。昨年の連ドラ「優しい時間」でコンビを組んだ倉本氏も二宮の才能を高く評価しており、この日も「人間的な素朴さがあり素直にいい演技をする。心で演じてくれる」と絶賛した。

二宮も感激し「無事に3月まで放送が終わったら(倉本氏が)アカデミー賞をくれるって言ったんです」と大張り切り。ついでに“倉本アカデミー賞”もゲットする!?

−2006年12月13日 サンケイスポーツより−


あの名作『北の国から』の倉本聰さん脚本、今冬最も注目映画の一つ『硫黄島からの手紙』で熱演している、嵐の二宮和也君主演。

もっとも旬の人気俳優を起用して超一流脚本家によるドラマを作る、フジテレビの企画はやはり群を抜いてますね。話題作りがうまいだけじゃなく、実際中身も面白い。他局も見習ってほしいものです。

とかなんとか偉そうなこと言って、実は私、二宮君ってあまりよく知りませ〜ん(^^;)。映画『硫黄島からの手紙』以前から俳優としての評価はかなり高いようですね。

フジテレビドラマのブログを始めたおかげで、テレビドラマをとおして、素晴らしい脚本・演出や、今までよく知らなかった俳優さんと巡り合えるのが楽しみになりました。

フジテレビドラマ 来年(2007年)冬クール木曜夜10時枠ですね。Dr.コトーが名残惜しいところですが、次の『拝啓、父上様』も要チェ〜ック!です。



この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/29752523

この記事へのトラックバック

硫黄島からの手紙
Excerpt: 今作と第1弾『父親たちの星条旗』を手掛けた クリント・イーストウッド監督 35年ほど前のイーストウッド氏『ダーティーハリー シリーズ』の頃。 硫黄島の戦いを日米双方の視点から描いた..
Weblog: ショウビズ インフォメーション
Tracked: 2006-12-18 15:43

ロングバケーション
Excerpt: このドラマは「非常にやさしい木村拓哉」という印象があります。ハッキリ言って現実離れした物語ですが、それがドラマと言ってしまえばそれまでの事。ただ山口智子がこのドラマ以降、このドラマに似たキャラクターを..
Weblog: 脚本家の感動
Tracked: 2008-02-06 14:00
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。