[PR] タレントが教える!30日で10歳若返る芸能美容術

Dr.コトー診療所2006 第11話(最終話) 【フジテレビのドラマ@情報室】

■あらすじ 第11話  ※オフィシャルサイトより
星野彩佳(柴咲コウ)の手術を目前に、コトーこと五島健助(吉岡秀隆)は鳴海慧(堺雅人)から「会わせたい人がいる」と呼び出された。そこで鳴海はコトーにひとつの助言をする。重く受け止めながらも、何かを思い言葉が出ないコトー。

彩佳の手術の日。島では、安藤重雄(泉谷しげる)らは漁協で、原剛利(時任三郎)は西山茉莉子(大塚寧々)の店で、そして診療所には他の島民たちが、みな彩佳を心配して集まっていた。その頃、病室では彩佳がコトーに、胸の再建手術をしないでほしいと頼む。その理由は・・・。

手術が始まるが、コトーの様子がいつもと違う。冷静さを失い、手が震え、看護師に声を荒げてしまう。鳴海は見かねて声をかけるが、それも届かないようで‥。


Dr.コトー診療所2006 第11話 最終回。実に味わい深い余韻を残しながら、ゆっくりと幕が下ろされました。

彩佳(柴咲コウ)の手術の結果は?・・・ドラマ的にみて、手術が失敗するなんてのはシャレになりませんから、もちろん成功するとは思ってましたが...

鳴海(堺雅人)の秘密には驚かされました。彼が医療に感情を持ち込まない理由がよくわかりました。

「優秀な外科医は心を持ってはいけない」 「医者は患者と家族にはなれない、なってはいけない」(鳴海)

寝たきりの植物状態になっている妻。自分が感情を持ち込んだまま手術を行ってしまったがゆえに(?)・・・鳴海もまた人知れぬ苦悩を抱えている医師だったんですね。

鳴海のそうした事情を知ったせいもあってか、Dr.コトー(吉岡秀隆)は彩佳の手術中に、取り乱してしまいます。「患者を星野彩佳だと思うな!」という鳴海の一喝で、本来の医師としての冷静さを取り戻します。

雪が静かに降り積もるクリスマスの夜。「やっぱり先生はサンタクロースでした」(彩佳)

場所は病院とはいえ、少しばかりロマンチックなシチュエーションで、この台詞。粋なシナリオですね〜。

またコトーが涙で泣き濡れる電話の向こうには、母親の声が...どこかで聞いたことがある声だと思ったら宮本信子さんでした(顔は映らず、声だけの出演)。

そして、鳴海に「あなたがいなければ彩佳さんのオペは乗り切れなかった」と深々と頭を下げ、また島に戻っていくDr.コトー。

島民と深く関わりながら、血の通った人としての医療を続けていくことを、あらたに決意するんですね。しかしその重みに耐えていけるのかDr.コトー!。やがて、家族のように親しんだ島民の死も看取らなくてはならない。

しかし剛洋君への手紙で、こんなふうに語ります。

日々の診療を通じて、病気を持ってる患者さんから逆に、医者として人として勇気をもらっているのです、と。

「医者であることの意味を問い続けることを、放棄してはいけないと思います」
・・・終わりはないんですね。そしてなぜ生きるのか、という問いには明確な答えなどないんですね。

終始提起され続けてきた様々な”人間”に関するテーマを、見事に収束させた最終話だったと思います。

私は今回のシリーズから初めて見たんですが、前評判どおり素晴らしいドラマでした。孤島を舞台に庶民の姿を描きながら、様々な問題を見据えた、重みと品格さえ感じさせる、本格ドラマの名にふさわしい内容だったと思います。

名残惜しいですが(T_T)、ドラマ『Dr.コトー診療所2006』はいったん終わりです。ドラマを離れると、皆現実を生きていかねばなりませんものね。人間であることの意味を問い続けながら...
応援よろしくお願いします⇒人気blogランキング


Dr.コトー診療所2006 オフィシャルサイト


※次(2007年冬)クール、フジテレビドラマ 木曜10時枠は『拝啓、父上様』。2007年1月11日(木)スタートです。




この記事へのトラックバック

Dr.コトー診療所2006 最終話
Excerpt: ●キャスト 五島健助/吉岡秀隆 星野彩佳/柴咲コウ 和田一範/筧利夫 仲依ミナ/蒼井優 星野正一/小林薫 安藤重雄/泉谷しげる  原剛利/時任三郎 鳴海慧/堺雅人 ●主題歌..
Weblog: ちょっと変な話
Tracked: 2006-12-22 23:06

Dr.コトー診療所2006 最終話「最終話・逃れられぬ、医師の宿命」
Excerpt: 私は普段、「嫌われ松子」をリアルタイムで見て、「Dr.コトー」はビデオで取ったのを見ているんです。 で、今週もそうだったんです。 松子は通常通り54分、コトーは延長していたので、途中からコトーを見..
Weblog: TV雑記
Tracked: 2006-12-23 00:21

Dr.コトー診療所2006 最終話 「逃れられぬ、医師の宿命」
Excerpt: 本当にセンチネルリンパ節生検をやるつもりかコトー(吉岡秀隆)に確認する鳴海医師(堺雅人)。生検の結果、陰性であればリンパ節は残すつもりだと断言するコトー。「そうすれば後遺症の心配も無くなり、今後彼女の..
Weblog: テレビお気楽日記
Tracked: 2006-12-23 21:19

ぼうねんかいなんてきらいだぃ
Excerpt: 昨日は忘年会でした。 …Dr.コトー診療所の最終回、録画するのを忘れました゜゚・(≧□≦)゜゚・うぁ〜んっ 帰宅後、父に「録画し忘れたんだ…」と告白したら、勝ち誇ったかの様に「面白かったの..
Weblog: おもてたわごと
Tracked: 2006-12-23 22:36

Dr.コトー診療所2006 最終回
Excerpt: さぁ、いよいよ最終回となりました。 号泣はなかったけど、とりあえず彩佳の手術が無事に成功してよかったよ。 コトーは手術中動揺してたけど、鳴海先生の一言で正気を取り戻したね。 鳴海先生も冷たい人だ..
Weblog: Vanilla・G
Tracked: 2006-12-23 23:58

『Dr.コトー診療所2006』最終話。
Excerpt: 『Dr.コトー診療所2006』 終わってしまいましたー。
Weblog: 小さな幸せ 〜Little Happiness〜
Tracked: 2006-12-24 00:18

Dr.コトー診療所(最終回)後藤先生!帰るのか?島へ。・・・・はい。
Excerpt:     君に会わせたい人がいるんだ。  5年前 心臓発作で倒れたきり 植物人間
Weblog: 進化する60才
Tracked: 2006-12-24 00:30

Dr.コトー診療所最終回
Excerpt: コトー先生、最終回終わりました。 心配だった彩香のオペも無事終了してC=(^◇^ ; ホッ! コトー先生のその優しさ故の揺らぎ。 大切なひとを、家族と思うひと治療する事の難しさ。 ..
Weblog: dear...
Tracked: 2006-12-24 05:45

Dr.コトー診療所2006:第4話〜最終話
Excerpt: 終わりました。 ドラマが始まったころの感想で「吉岡秀隆が好きじゃない」と書いたものの、結局全話見た。 感想を一言で言うと、大満足。おもしろかった。 ゆかりの末期癌が全快したのは多少疑問が..
Weblog: 日常の穴
Tracked: 2006-12-24 09:50

Dr.コトー診療所 2006
Excerpt: 最終回の感想
Weblog: Akira's VOICE
Tracked: 2006-12-24 11:12

ドラマ「14才の母」の平均視聴率
Excerpt: 20日に最終回を迎えた日本テレビドラマ「14才の母」。
Weblog: おすすめ空き時間
Tracked: 2006-12-24 11:49

Dr.コトー診療所2006 11話(最終話)
Excerpt: 公式サイト:Dr.コトー診療所2006 過去の回の感想はこちら。 1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 星野彩佳(柴咲コウ)の手術を前に、コトーこと五島..
Weblog: petit signal
Tracked: 2006-12-24 16:14

『Dr.コトー診療所2006』 最終回
Excerpt: 彩佳(柴咲コウ)の手術をコトー先生(吉岡秀隆)がすることに。
Weblog: ド素人日記
Tracked: 2006-12-24 16:17

Dr.コトー診療所2006 最終話 『逃れられぬ、医師の宿命』
Excerpt: 「人の生死に深く関わる覚悟、医者という職業」 コトーは鳴海に術式の一つであるセンチネルリンパ節生倹の提案をした、彩佳の今後(後遺症)のことを考えて。 鳴..
Weblog: Kのドラマ依存症的ぶろぐ
Tracked: 2006-12-24 20:57

Dr.コトー診療所2006 最終話&総括
Excerpt:  「Dr.コトー診療所2006」最終話を見ました。  最終話はいよいよ彩佳が乳がんの手術を受けます。さて、結末はいかに?
Weblog: あいりぶろぐ
Tracked: 2006-12-24 23:20

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。